Information

最初のあなたは、まずこちらを読んでください。
最初に・・・

横浜・港北区・日吉の操体法専門の整体 和ぐ
旧:皮膚身堂)西田 尚史

2018-03-01

【平成30年の今から見る理想の食とは?】

食を見直す! 和食に目を向けてみよう。 


こんにちは横浜市港北区の民家整体 和ぐ 西田です。
食事って考えてますか?

日常的に忙しいし時間がない。。。
こんなことから、食について考える時間って
減っていませんか?

なぜ考える必要が?

それは、食事って生きていく上で必要不可欠なものだからです。
当たり前だからこそ、たまには考えてあげる必要があるのです。

でも、現代は食といっても数え切れないくらいの種類があり
食べ方も色々ありますよね?

そんなあなたに参考になればと思いお伝えするのが
今回の記事です。





















-----------------------------------------------------------
「昭和50年の和食が健康にもっとも良い」
-----------------------------------------------------------

和食
この和食というのは、日本で生まれた僕たちにとっては
馴染み深いですよね?

この和食は平成25年に
ユネスコ無形財産にも登録されて世界的にも注目を浴びているそうです。


現代では、ある特定の食だけを取り上げていることもあります。
ですが、その食材を他の食べ合わせとすることで
健康に害を及ぼす可能性のものに変わるものもあります。
調理法によっても栄養価が下がるものもありますよね?


-------------------------------
この食べ合わせはNG!!
-------------------------------

食べ合わせでいうと
例えば、秋刀魚と漬物。

さんまを焼くとタンパク質からアミノ酸という物質ができますが、
漬物に含まれる亜硝酸塩と結合すると
ニトロソアミンという発ガン性物質に変わってしまいます。
!!知らず知らずに食べていそうな組み合わせですよね。。。
ですが、このニトロソアミンという物質の生成を抑えることができます。
それは大根おろしとスダチです。

もう一つだけ、
ほうれん草とベーコンの組み合わせも
ニトロソアミンを生成してしまうそうです。
これは好きだったので、僕も凹みました。
まあ、異常なくらい食べなければ大丈夫だということです。
---------------------------
昭和50年がベスト
---------------------------

いくつかの年代ごとでの(昭和35年 昭和50年 平成2年 平成17年)
一般的であるとされているメニューを
フリーズドライにしてマウスで観察したそうです。

結果として昭和50年のメニューを与えたマウスが
脳の老化も遅い
肥満も少ない
そして精神的、肉体的なストレスも少ない

といった結果がでたそうです。

----------------------------------------------
一体どんなメニュだったのか?
----------------------------------------------
昭和50年の食事がどのようなメニューだったかというと
ご飯、アジの干物、あさりと小松菜のおひたし、花豆の甘煮、ナスの味噌汁

このメニュー自体特別カロリーが低いわけでもありません。

では、なぜか?

大きな特徴としては、
いろいろな種類の食材を少しずつ食べるということです。

もし食事のメニューの品数を増やすのは大変!というのであれば
味噌汁に普段より多めの食材をいれてみましょう。
これなら実践しやすいのでは?


-----------------------------------------------
楽しみながらバランスをとる!!
-----------------------------------------------

食というのは即効性というよりもゆっくりと時間をかけて
体を形成して生きます。
色々なことを楽しみたい!のであれば
絶対に疎かにはできないこと。

もちろん、好きなものを食べるといったことも
楽しみのひとつですよね?


精神的にも良いと思いますので、極端になりすぎないようにが
必要ですね( ̄▽ ̄)

よく、
「先生は食も気をつけてるのですよね?」
と聞かれますが、できることできないことあります(^_-)

ファーストフードは、最近では食べなくなりましたが
焼肉も好きだし、イタリアンも好きです。
コーヒー飲みすぎない程度には飲むし、こってりラーメンも食べますし_φ( ̄ー ̄ )

ふと、客観的に見て
最近の食を振り返って見てください。
嗜好に走った食なのか、バランスを考えた食なのか。



「和ぐ」操体・操体法施術

「和ぐ」ホームページはこちらから!! nagu-sotai.com

横浜・東京・神奈川近郊への訪問施術から横浜市港北区日吉本町での施術も行っています。詳細は「和ぐ」HPへ!!

和ぐは、ゆったりとした時間で安心の施術を為るために1日8名迄の完全予約制とさせていただいてます。
ご予約・お問い合わせはHPからどうぞ!